2015「スマイリーキッズ」クリスマス特別合同授業 
 

 2015年12月12日(土)スマイリーキッズのクリスマス特別合同授業を行いました。

  いつもはA・B・Cクラスに分かれての授業ですが、保護者の参観も兼ねた特別授業です。
まずは保護者が教室の飾り付け。ツリーにオーナメントも飾られ、いつもの教室がクリスマスバージョンに変身です。
 

 

 
Aクラスから順番に一人ひとりがサンタに自己紹介。5・6年生のCクラスは、名前、年齢に加えて住んでいる場所、学校、学年、趣味や好きな物も英語で話します。自己紹介を終えた子ども達は、サンタクロースからご褒美にお菓子のクリスマスプレゼントをもらい大喜び。



 

 
 ボランティアの紺野さんの「One! Two! Three! 」の合図に合わせて子ども達が「Please come in,  Santa Clauses!」と呼びかけます。「Ho! Ho! Ho!Merry Christmas!」とジェイ先生、ミルズ先生、エリー先生、3人のサンタクロースの登場です。
 



 特別授業は「Merry Christmas!」のスペルを習ってクリスマスカードを作り、フルーツバスケットのクリスマスバージョンやクリスマスビンゴを楽しみました。クリスマスにまつわる単語だけでなく、リスニングや「I like〜!」等のフレーズを使ってゲームを楽しみました。
 


 最後はKIFAパーティで披露した「ABCsong」と「Head, Shourder, Knees, and Tows」を歌って保護者にプレゼント。僅か1回の合同練習でKIFAパーティに臨みましたが、より一層元気よく歌を披露しました。保護者からは驚きと喜びの声が多く伝えられました。継続は力なり。英語のみの授業で鍛えられたリスニングの力。スタート時に比べるとどの子も成長しています。間違いを恐れずに答えようとする姿勢も見られるようになりました。
 


 
 後半を迎え、特に高学年はbe動詞、一般動詞、1人称、2人称、3人称に前置詞も加わり、少し難しい勉強に入ってきています。分らない事に戸惑いの様子が見受けられることもありますが、そんな時は遠慮せずにボランティアスタッフに声を掛け、難しいところを乗り越えて欲しいと思います。