レネ・アレクサンドルさん
  (Laîné  Alexandre)

フランス北西部ベルギーに近いゴンドクール生れ東京大学で気候学の研究中

フランス生まれのレネ・アレクサンドル(Laîné  Alexandre) さんは、鎌ケ谷市在住の学究で、東京大学『大気海洋研究所』に通い、気候学の研究をしています。マイ・ホームタウンは、フランス北西部のベルギーに近い、ゴンドクールというとても小さな町です。日本人の奥さんと9月で1歳半になるお嬢さんがいて、細身で物静かな学級肌の家庭的な方です。

 
 French-born Laîné  Alexandre lives in Kamagaya City and is studying climatology at the Atmosphere and Ocean Research Institute at the University of Tokyo.  His hometown is Gondecourt, a small town close to Belgium in northwestern France.  A quiet man of slender build, he lives with his Japanese wife and their daughter who turns one in September.

 
日本へのきっかけは「合気道」と気候研究  
 

フランス北西部のベルギー国境の近くで成長

 私の故郷のゴンドクールはベルギーとの国境に近く、大都市のリール市から東に30kmほど離れた人口3,300人くらいの町で、どこまでも真平で丘すらありません。40分も歩いたら隅から隅まで歩けてしまうほど、何も特長のない本当に小さな町です。気温は冬は0℃~5℃位、夏は25℃になることもありますが、湿度は高くなく過ごしやすい気候です。

 昔は北の方に炭坑があり1900年代には石炭掘りが盛でした。しかし私が生まれたころには既に、現在のように畑作が中心の平野の町となっていました。工業といえば車のプラスチック部品を作る工場とか、肉屋さん、パン屋さんがあるくらいです。

  この町に来たのは、高校の化学教師をしていた父の勤務先がゴンドクールになり、家族はシャンパーニュ地方(Chanpagne)からゴンドクールに移りました。私はここで生まれ、高校を卒業する17歳まで両親と暮らしていました。現在、両親はシャンパーニュ地方に戻って暮らしています。

 Near the provincial border of Belgium, my hometown Gondecourt is about 30 km from the big city of Lille with a population of about 3,300.  Without a hill in sight, it is a very small and unassuming town as you can walk from one end to another in about 40 minutes.  Temperatures are about 0 ~ 5 in the winter and 25 in the summer, making them mild and bearable.

 In the 1900s, coal mining was at its prime in the north.  However, by the time I was born, the town had already become a place that focused on dry-field farming.  In terms of industry, there is a factory that makes plastic parts, a couple meat shops, and bakeries.

 Our family moved from Champagne to Gondecourt for my father, who worked as a high school chemistry teacher.  I was born there, and lived with my parents until I graduated from high school at 17.  Presently, my parents have moved back and are living in Champagne.

研究者への進路コースを選択する

 フランスの学制は3歳~7歳が幼稚園。7歳~11歳が小学校。11歳~14歳が中学校。14歳~17歳が高校になります。ゴンドクールは小さい町でしたが、学校数は多く周りの町からも大勢の子どもたちが通ってきていました。

フランスでは大学は容易く入学できますが、私の進学したのは難関校と言われるフランスのシンクタンクとも言える理工系の専門分野の学校でした。卒業するのも難しいので随分勉強しました。

落第して大学へ編入する人もいますし、大学で学位を取ってから入学する人もいます。フランス独特の学校制度かもしれません。

 According to the French education system, 3-7 year olds are placed in kindergarten, 7-11 year olds in elementary, 11-14 year olds in junior high, and 14-17 year olds in high school.  Although Gondecourt is a small town, many students come from towns in neighboring areas.

 In France, it is easy to get accepted into university.  However, the school I chose to attend is competitive and considered a think-tank specializing in science and engineering.  Graduating was difficult so I studied very hard.

 There are people who fail to get accepted and people who already hold a degree before entering school.  This might be a unique characteristic of the French education system.

合気道が日本へのきっかけになりました

中高生の頃はテニスや卓球をしていました。卓球で州の大会にチームで出場し4位か5位になりました。その後、合気道を始め1級を取りました。合気道をしたことで日本の武道に興味が湧き、2006年に初めて日本を訪れました。
 
 卒業後はカナダなどで仕事をしていましたが、日本で働いてみたいと思うようになり、探していたところ3年後の2009年に日本学術研究会が東京大学の研究員を募集していたので応募し採用されました。

 任期が切れた後も直接、東大からの依頼で勤務したりし、現在は国立極地研究所経由のプロジェクトで東大に勤め研究しています。

 When I was a junior high school student, I played tennis and ping-pong.  Our team placed 4th and 5th in state tournaments.  After that, I started Aikido and obtained 1st rank (ikkyu).  Aikido sparked my interest in Japanese martial arts and I visited Japan for the first time in 2006.

 After graduation, I worked in Canada but I started to think about working in Japan.  Three years later in 2009, I found that the Japan Society for the Promotion of Science (JSPS) were recruiting researchers at the University of Tokyo.  I applied and was accepted.

 Even after my term expired, I was sent directly to work on projects at the National Institute of Polar Research by Todai.

水墨画は趣味になり習っています

現在は趣味になった水墨画を月に2回習っていますが、皆さんにお見せできるような作品は出来ていません。 妻の紗矢香とは、飯田橋の会館で催されたイベント会場で一目ぼれして話しかけました。フランス語が全く分からなかった、紗矢香が「英語が話せる?」と返したのがきっかけで知り合いになりました。今も二人の会話は英語中心の生活になってます。
年に1度くらい、今はホームタウンとなったシャンパーニュ地方へ里帰りしますが、紗矢香の故郷北海道に似ていると思っています。両親の他、年の離れた兄と姉が一人ずついます。皆とても仲が良く温かい家庭です。

 I am currently interested in ink painting and practice it twice a month, but I havent produced work that can be shown to people. I fell in love at first sight with my wife, Sayaka, at an event held at the Iidabashi assembly hall and approached her.  She could not understand a word of French, but her response, Can you speak English? served as the catalyst for the start of our relationship.  Even now, our daily conversations are in English.

 About once a year, I return to my new hometown in the Champagne region, which I think is similar to Sayakas hometown in Hokkaido. Along with her parents, she has an older brother and older sister, each separated by one year.  It is a warm household and everyone gets along well.

実家のワインセラーにはボトル300本

 シャンパーニュで有名なシャンパーニュ地方では、戸建てのほとんどの家にワインセラーがあります。実家にはワインボトル300本位寝かせてあり、その内の100本以上は私のものです。実家に帰った時飲んでいますが、日本でも毎週ワインを1本空けています。日本酒も大好きです。
 
 In the famous region of Champagne, we have a wine cellar just about detached from our house.  We age about 300 bottles of wine and about 100 of them are mine.  I drink whenever I go back, but I open a bottle of wine every week even in Japan.  I also love Japanese sake.


ゴンドクールの場所











左側の白い家が住んでいた家











ゴンドクールの全景











子どものころに遊んだ通り











最愛の家族と